保険見直し

保険見直しのツボとコツ

たとえば、結婚したとか、子供が生まれたというように、家族構成に変化があったり、テレビ番組などで保険のことについての話を聞いたりしたときが、自分が今入っている保険は大丈夫だろうかと保険の見直しを考えるきっかけとして多いようですね。しかし、普段、保険のことなどこれっぽっちも頭の中にない上に、今まで保険について勉強したことなどない人がほとんどであるわけですから、急に保険の見直しをしようと思ったところで、そう簡単にはできないわけですね。でも放っておくわけにはいかないから、インターネットとかでいろいろなサイトを見て、あーでもない、こーでもないと頭をひねるものの、いっこうに解決しない。あー、どうしようという人が多いわけです。まず無駄なのは、保険のパンフレットを取り寄せること。保険の基本的な知識がないまま、パンフレットを見たところで、その保険が自分にとって良いのか悪いのかの判断すらつきません。次に意味がないのは、今入っている保険会社の営業に連絡すること。保険会社は、新たな保険に書き換えてもらうことで、売り上げになりますし、保険の担当者は自分の成績になるので、喜んで飛んできますが、あくまで新たな保険に加入というのが前提であり
、客観的立場にたっての保険相談は望めません。やはり、保険の見直しは、保険の販売の専門家ではなく、保険相談の専門家であるファイナンシャル・プランナーに相談すべきです。彼らは専門知識を駆使して、中立的立場で、最適な保険のプランを無料で作ってくれますし、希望すれば加入の手続きもとってくれます。パンフレットを取り寄せるのも、予め取り寄せて疑問点を整理しておき、FPに相談することが前提なら、大変意味があります。子供の教育資金計画、老後の生活資金計画など、自分ひとりではなかなか立てにくいもの。保険の見直しで失敗しないように、ぜひFPに相談しましょう。